歯医者

矯正歯科で施術を受けよう|歯並び改善方法

透明の矯正器具と付ける

歯医者

矯正器具を取付けて矯正をするのですが、種類がたくさんあるので自分に合っていると思った種類を使用することが大切になります。合わない矯正器具を取付けて矯正してしまうとストレスが溜まったり、効果が薄れて矯正期間が長引いてしまう原因になります。しっかりと医師と話し合ってから最適な矯正器具を取付けましょう。一般的な矯正は外側矯正になります。外側矯正のメリットは一番矯正期間が短く、費用も非常に安いことです。特にこだわりがないのであれば外側矯正で大丈夫です。しかし、外側矯正は相手から矯正器具が見られてしまうというデメリットがあります。気にしてしまうのであればインビザラインをするといいかもしれません。インビザラインというのは透明の矯正器具を取付けて歯並びを矯正する方法です。透明になっているので相手から見られても大丈夫ですし、気にする心配もありません。素材は金属ではないのも特徴です。金属アレルギーの人は通常の矯正器具を使うことができないのですが、インビザラインならそのような人でも大丈夫と言えます。しかし、通常の矯正器具と違って長時間取付けておかないといけません。適度に外したりすると効果が薄れてしまうので注意しましょう。詳しい話は医師に聞くだけでわかります。インビザラインは最新の矯正治療になっており、経験が浅い医師が多いです。できるだけインビザラインの知識を勉強している医師に依頼したほうがいいと思います。